2008年08月18日

「クロスゼロ(活性水素)」についてのQ&A

「クロスゼロ(活性水素)」について、よくある質問と回答

【質問】
 「クロスゼロ」を飲みはじめた当初は、とても疲れが取れていた感じがしましたが、服用して一ヶ月過ぎた今、以前のようにハッキリと疲れが取れた感じがしませんが、カプセルをもう1〜2カプセル増やした方がいいのですか?

【回答】
 とても多い質問です。人間の体が慣れてきますと以前の疲れを忘れてもっともっと楽になりたいと望みます。体の自然な要求です。この場合、「クロスゼロ」を増量しないで2〜3日服用を中止してみて下さい。服用再開後、はっきりと以前のような疲れが取れた体感をすることでしょう。また、「クロスゼロ」を飲み続けていますと以前より体が疲れにくくなり、無理をしがちになります。体を使うことが以前よりも増してしまう傾向がありますので、「クロスゼロ」の効力が実感できなくなる訳です。理想的なのは「クロスゼロ」を服用することによって体が楽になってもオーバーワークすることがなければ、長期的に渡って「クロスゼロ」の効力を実感することでしょう。 さらにストレスの量によっても違ってきます。ストレスを受けるのが以前よりも増大すれば、「クロスゼロ」はストレスにおける体内の悪影響を最小限に抑えるために使われますので、疲労の回復にまで及びません。ストレスを多大に感じている時は1〜2カプセル増量してストレス発散を心掛けて下さい。

【質問】
 「クロスゼロ」を毎日服用するのではなく、疲れた時に4〜6カプセル位服用しようと思いますがいかがでしょうか?

【回答】
 活性酸素は、毎日体内に発生していて健康な細胞の電子を奪い続け、老化・病気のプロセスをたどっています。ですから、毎日の服用をお勧め致します。理想的な食事、自然が豊富な環境、ストレスが少ない状況であれば、一日1カプセルでも充分ですが、それ以外は一日2カプセルをお勧め致します。時々大量に飲むのでは、毎日の老化はストップできません。

【質問】
 多くの症状が改善される人とそうでない人では、「クロスゼロ」の効き方に違いがあるのですか?

【回答】
 生活環境、食生活、ストレス等で活性酸素が大量に体内に発生している人は、多くの症状の改善に時間がかかります。また、生活習慣病の要因が存在している人にも「クロスゼロ」が病気にならないよう、それらの予防に使われますので、多くの症状の改善には至りません。

【質問】
 「クロスゼロ」を一日2カプセル、朝・夜と飲んでいますが、最初飲み始めた1ヶ月位は眠くて仕方がなかったのですが、今は逆に睡眠時間が6〜7時間位で充分になりました。私は8時間眠らないとすぐ疲れを感じる体質なのですが、今の6〜7時間の睡眠で大丈夫でしょうか?

【回答】
 神経を使っている人、神経性の疲労やストレスがある人が最初「クロスゼロ」を服用するといくら眠っても眠り足りない状態になることがしばしばあります。約1ヶ月〜2ヶ月で元の状態に戻るか、あるいは元の睡眠時間より短くなっても体は全く大丈夫になります。「クロスゼロ」が活性酸素を大量に消去していく過程で神経の疲れが緩和され、体が睡眠を必要以上に要求し、その過程が終われば以前の睡眠より1〜2時間短くても疲れにくくなります。身体に問題なくそれほど疲れていない時、「クロスゼロ」を夜に服用するとしばしば眠りにつくまでに時間を要する時がありますが、そのような場合夕食前に服用してみて下さい。また少々眠りにつくことに時間を要して睡眠時間が短くなっても、大半の人は体の疲れに影響していないとお答えになっていますので問題はありません。重要なのは体が睡眠を浴した時は充分眠るようにする事です。体の自然の要求に忠実にして下さい。

【質問】
 今年7歳になる子供がアトピー性皮膚炎なのですが、クロスゼロは飲用できないでしょうか?

【回答】
 7歳未満の方が服用されても危険はありません。又、服用量は医薬品などでは一般に体重の関係から成人量の1/3〜1/4に設定することが多いので、ご参考にしていただければと存じます。服用方法については、子供さんの年齢にもよりますが、カプセルのままの服用が可能であればそのままカプセルで、難しいようであればカプセル内容物を飲食物に混 ぜて(高温のものは避け、常温以下のものであれば何でも可です)服用されると良いかと思います。パンフレットに「満7歳から服用できる」と記載されているのは、一般に子供さんはSOD活性が強く(活性酸素をコントロールする力が強い)、とりたてて体外から抗酸化能力の高いものを取り入れる必要のないことが多いからであって、危険があるからではありません。

【質問】
 以前百貨店で酸素バーや、酸素のサプリメント等を目にしましたが、酸素がいいのか水素がいいのか良く分りません。それはどのように解釈したらよいのでしょうか?

【回答】
 酸素はとても反応性の高い物質でとりわけ酸素から生じる活性酸素は強い毒性を持っており、その意味ではとり過ぎると危険な物質だといえます。実際、体内に過剰に酸素をとり込んだ犬が急性酸素中毒になり、強直性の全身痙攣(けいれん)をおこしたり、実験用のマウスを50%濃度の酸素で飼うと(大気中の酸素は約20%)その寿命が3分の1に縮まることも知られています。こんな危険な面を持つ酸素ですが、それでも動物が利用するのは、酸素がとても効率よく食物をエネルギーに変えてくれる物質であることと、酸素の毒性に対抗す力(抗酸化力)を備えているからです。酸素の量と抗酸化力のバランスが崩れると、活性酸素による障害ばかりが強く表れることになります。その意味から、ご質問にあるような良い酸素とか悪い酸素というのはなく、過剰になると問題が起きるということです。酸素吸入は、元来呼吸器の病気や心肺機能が低下して酸欠状態になった時に、生命維持のために行われるもので、健康な人にとっては気分転換以上の意味はなく、むしろ吸いすぎによる弊害が心配されます。最近TVでも放映されていましたが、スポーツ選手が休憩中に吸っている酸素注入ボンベは一時的な疲労や酸欠は改善には役立ちますが、その後、活性酸素が大量に発生する事が分っているのです。それとは対照的に活性水素は、活性酸素の毒素を消して安全な水にしてしまうものです。活性酸素は呼吸する限り出来ているものです。活性水素を上手に活用して、生活向上に役立てたいですね。

【質問】
 活性酸素を消去するもので、人間自身もSODというものを備え持っていると聞いていたのですが、それだけでは足りないのですか?SODというものと活性水素の違いは何でしょうか?私は普通の方より野菜食をメインに摂っていますし、忙しい時にはコンビニで抗酸化サプリメントや抗酸化と言われるものを欠かさないようにしていますが、どれほど摂取すればいいのでしょうか?

【回答】
 SOD食品と活性水素の大きな違いは、分子の大きさです。SODも活性水素も分子1つ1つにマイナス電子を備えておりますが、活性水素はSODの約1000分の1の分子量ですので、同じ大きさの中にも活性水素はSODの1万倍マイナス電子を備えており、活性酸素を消去します。体感で違いがわかるはずです。SODの中に活性水素が入っているのは非常に稀です。ですから、活性水素は体感率が非常に高く、様々な老化抑制に効果があるのです。抗酸化として、どれほどの量を摂取すれば体感できると言われているかと申しますと、1日に新鮮なニンジン100本、新鮮なトマト200本と言われています。とてもではないですが、非現実的です。ですから、出来る限りストレスのない生活を送り、規則正しい生活と多種品目の食事。それは最低限必要でしょう。それが難しいという方が活性水素というずば抜けた抗酸化サプリメントを摂るべきなのではないでしょうか。あなたならどちらを選びますか。活性酸素を消去しているとされるサプリメントと活性酸素を消去していると体感できるサプリメント。

【質問】
 活性酸素を過剰に消すことはないか?

【回答】
 私たちの体内に発生する活性酸素は、一瞬一瞬膨大な量ですから、たとえクロスゼロを毎日1瓶ずつ飲んでも消しきれるものではありません。また、免疫細胞が活性酸素を使ってウイルス等の異物を攻撃するのは事実ですが、これは攻撃の必要が生じた時に免疫細胞自身が作り出すものですから、クロスゼロによる影響を受けるものではありません。むしろ、体内の過剰な活性酸素が免疫細胞を攻撃して免疫力の低下をまねくケースが多いので、クロスゼロは免疫力を充実させることに寄与するものとお考え下さい。

【質問】
 クロスゼロは過酸化脂質の排出作用もあるのでしょうか?また、活性酸素にはいくつか種類があり、それに合わせてサプリメントも摂取すべきということを聞いたことがあるのですが、クロスゼロはすべての活性酸素に対応するのでしょうか?それから、多くのサプリメントは、緑茶を飲んだ後、飲酒後は避けたほうが 効果的という場合が多いですが、クロスゼロの場合はいかがでしょうか。特に私は緑茶を頻繁に飲むので気になるのですが・・・・・。

【回答】
 クロスゼロは脂質過酸化を防いだり、既に酸化した脂質を還元する能力があります。活性酸素種については、一般にはスーパーオキシド・過酸化水素・ヒドロキシラジカル・一重項酸素の4種が有名ですが、その他にも多数あります。一般的な抗酸化物質、つまり複合物質からなる抗酸化物質では確かに水溶性か脂溶性かなどの特質により、対応できる活性酸素種が異なりますが、クロスゼロの活性水素は原子レベルですので、すべてに対応することができます。また、クロスゼロと緑茶やアルコールとの関係についてもあまり気にしていただく必要はありません。多くのサプリメントを構成しsている複合分子の成分の中には、緑茶中の成分やアルコールと反応して効果を減弱されるものもありますが、クロスゼロの活性水素はそのようなことはありません。

【注意】
 あくまでもサプリメント(健康食品)であり、医薬品ではありませんので、いかなる症状の治療目的でのご使用はお止め下さい。


posted by 活性水素の検証マン at 08:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「クロスゼロ(活性水素)」を試すにあたって


 他の人から「これはすごい!」と聞いて飲んではみたものの、あまり実感できないケースも多いのではないのでしょうか? 例えば、「○○○を飲めば免疫力が充実する」とはいっても、体感(疲れがとれた、お肌が潤った、慢性病が好転したなど)がなければ、免疫力が充実したことにはなりませんし、体感がなかったこと自体、免疫力が充実しなかった証拠であるとも言えるのです。体感こそが総てです。「体質の違い」「他に原因がある」など「夢の万能薬」は存在しないと考えて下さい。

 クロスゼロを1ヶ月試されて、これといった体感を得なければ続ける必要はありません。他の健康食品にも同じことが言えます。

 体内の活性酸素を大量に消去すると改善が見られる諸症状
糖尿病・高血圧・高脂血症・血中コレステロールの低下・癌・動脈硬化・脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・不整脈・ウィルスによる感染症・喘息・アトピー性皮膚炎・自律神経失調症・うつ病・肝硬変・肝炎(慢性・急性)・慢性疲労症候群・肉体疲労・肩こり・腰痛・頭痛・白内障・肺炎・胃潰瘍・潰瘍性大腸炎・関節リウマチ・関節炎・花粉症・鼻炎・加齢による白髪・抜毛・食中毒・口内炎・お肌の老化・たるみ・シミ・しわ・更年期障害・加齢による婦人病・その他加齢による諸症状(老化)など

 体に有毒な活性酸素消去能力(抗酸化力)

 抗酸化食品として有名なものにβ-カロチンを多く含むニンジン・ブロッコリー、リコピンを多く含むトマト、ポリフェノールを多く含むココア、イチョウ葉茶、赤ワイン等はいずれも複合分子でありますのでクラスターが大きく、それでもマイナス電子は一つしか付いていません。
 ところが、水素は元素の中でも最も小さい原子であり、抗酸化食品の複合分子の何千分の一、何万分の一でありながら、一つ一つの水素分子にマイナス電子を1つ、有毒な活性酸素(プラス電子が余って体内の細胞からマイナス電子を奪おうとしています)に渡すだけで中和され、無害な水となって、老化や病気を免れる訳です。

 つまり、抗酸化食品において体内の有毒な活性酸素を消去させるには、大量に摂取しないと意味を成さないのです。
 例えば新鮮なトマトジュース(ジューサーで絞って5分以内)やニンジンジュースを一日に何十リットルと摂取しなければ著しい効果は望めません。

 主な抗酸化物質(クロスゼロ1カプセル相当量)
奇跡の水ノルデナウ(ドイツ) 活性水素 120g〜160g
ワイルドブルーベリー アントシアニジン 25kg〜35kg
赤ワイン・ココア ポリフェノール 80g〜120g
無農薬にんじん β-カロチン 5,000本〜15,000本
※いずれも天然活性水素カプセル「クロスゼロ」1カプセルに対しての値です。
数値はあくまで理論上のものです。

 活性酸素は呼吸をしている限り作られるものですが、ある程度の量は障害にはならず、白血球内での殺菌作用に使われるなど、むしろ生体防御に役立っているのです。問題は、必要以上の活性酸素が発生すると、様々な病気を誘発し、老化を促進させてしまうということです。
 残念なことに、現代の生活環境の中には活性酸素を発生する原因が多くあります。タバコ・アルコールの喫飲、排気ガス等による大気汚染や様々な環境汚染物質、食品添加物、加工食品の多用や外食の普及による酸化した油の摂取、精神的ストレス等、現代社会に特徴的なものばかりです。

 この活性酸素から身を守ってくれる防御機能が、人間の体には備わっています。それがSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)といわれる酵素ですが活性酸素を発生する原因の多い現代社会の中にあっては限界があるようです。また、年齢と共にその機能は低下します。
 そこで、活性酸素を無害にする働きがあるものを補えばいい訳ですが、これが抗酸化物(antioxidant)といわれているものです。代表的なものとして、ビタミンC・E、β-カロチン、リコピン、セレニウムなどがあります。高い抗酸化食品といわれているβ-カロチンを多く含むニンジンや、リコピンを含むトマト、最近注目されているポリフェノールを含むココア、イチョウ葉茶、赤ワインなどが話題になっていますが、どれも大量に摂取しなければ効果を見出せない難しさがあります。

 「活性水素」は元素の中では最も小さい分子構造である水素であるにも関わらず、活性酸素を消去するマイナス電子が1個存在するのが特徴です。他の抗酸化物質は複合分子構造上、水素の何百何千倍もの大きさでもマイナス電子は1個しかないのです。
 従って、「活性水素」を摂取する方が効果的であり、実際それと同じ効果を出すためには、他の抗酸化食品で最近話題になったココアでも何百杯も飲まなければならず、それはとても不可能なことです。

クロスゼロの成分と分析結果
クロスゼロの成分
品名 クロスゼロ
名称 ミネラル含有食品 原材料名 クエン酸カリウム、炭酸カリウム、硫酸マグネシウム、オレイン酸、アセロラ、ビタミンC、ビタミンP、ローズヒップ、植物性油脂、酸化ケイ素、ビタミンB2 被包剤 ゼラチン
内容量 60粒(1粒300mg)
飲み方 1日2〜4粒を目安にお飲みください。

 あくまでもサプリメント(健康食品)であり、医薬品ではありませんので、いかなる症状の 治療目的でのご使用はお止め下さい



posted by 活性水素の検証マン at 20:58| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

活性水素とは

 老化・万病の原因物質である活性酸素を一掃する活性水素カプセル「クロスゼロ」。活性水素は、抗酸化物質の中で、もっとも大量・確実に酸化細胞を還元できる物質です。活性水素が、作用して酸化還元した後、他の抗酸化物質と同様自らも酸化してしまいますが、水素の酸化は、酸化水素即ち「水」!なので、全く安全な食品といえます。アンチエイジングや病気予防、各種症状の緩和にぜひお役立て下さい。

クロスゼロ【ハッピージュン】クロスゼロ
29,000円

天然活性水素カプセル 〜奇跡の水濃縮カプセル〜
Ads by 電脳卸


posted by 活性水素の検証マン at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。